新製品だけの会社は潰れる、、、個人なら価値を不労所得で

新製品だけの会社は潰れる、、、個人なら価値を不労所得で

新製品だけの会社は潰れる、、、個人なら価値を不労所得で

46歳。パートで事務員をしています。前職で製菓会社の研究室でチョコレートの新商品開発の仕事をしていました。

 

 

 

 

私が夢中になったものはチョコレート作りです。前職在職中はチョコレートを見るのも食べるのも、仕事以外では勘弁してという状態で、プライベートでチョコレートに関わることはなかったです。

 

 

 

 

結婚して子供が出来、子供と一緒にバレンタインデーにトリュフチョコを作ってから手作りチョコの美味しさに気づき、生チョコ・トリュフチョコ・フォンダンショコラ・ガトーショコラ・アマンドショコラ等のチョコレートを使ったスイーツを作っています。

 

 

 

やっぱり作ったものを美味しいと褒められるととっても嬉しいです。

 

20代でビジネスは駆け抜けた方が良いと思っている。おっさんでもできるんだったら若い方が絶対的に体力があるわけだし。

 

とにかく不労所得の為に進んでいく必要がある。

 

不労所得

 

 

不労所得を稼ぐってか。

 

 

また○○チョコ食べたいなと言われると作りがいが有ります。前職の仕事をしていたこともあって、テンパリングは得意です。

 

 

 

ツヤツヤの売っているかのようなチョコレートを作りお洒落な箱に入れ、ちょっとした手土産や差し入れに持っていくと喜ばれます。また、家用に大人が食べるブランデーやリキュールを多めに入れたチョコレートや少し苦めのガトーショコラを作り、夜、赤ワインやウイスキーと共に楽しんで食べています。

 

 

価値を継続的に提供する為には不労所得が簡単だろうな。

 

 

 

最近は、娘の友人にお菓子作りを趣味にしている子が何人かいて、情報を共有しながらわが家で一緒にお菓子作りをしています。

 

 

 

若い子との共通の趣味を持ち、若い子と話しているとこちらまで若くなるような気がします。その友人のお母様方とも親しくなり、お菓子作りを通して友人の輪が広がっています。

 

 

 

今は友人から、チョコレート以外のケーキやクッキー等の作り方を教えてもらっている最中です。

 

 

 

 

まだまだ素人で美味しい生クリームも作れない状態ですが、出来上がった時の達成感、それが美味しかったときの喜びはひとしおでこれからはスイーツ作り全般を趣味にできればいいなと思っています。

 

 

当時流行していたお人形は欲しくてもなかなか買ってもらえず、ようやく誕生日に願いが叶った時は嬉しくて寝る時さえ手放さないほどでした。

 

 

着せ替え人形の魅力は、着せ替えて遊ぶことですがドレスは高価でした。
母や祖母にせがんで縫ってもらいましたが、市販品のような華やかさはありません。

 

 

それでも数が増えるのが嬉しくて飽きずに遊んでいました。

 

 

ところが、あんなに夢中だったお人形遊びも中学生になると興味が薄れて、すっかり埃まみれになってしまいます。
人形熱が再燃したのは、娘が小学生になりおしゃれな人形を欲しがってからです。

 

 

時代は変わり、ドレスだけでなく家や家具など豊富なアイテムが揃っています。

 

 

誕生日やクリスマスが来るたびに少しずつ買い足すうちに、娘より私の方が楽しくなっていきました。

 

 

その後、娘は私同様に中学生になるとお人形への興味は薄れましたが、私はどんどんのめり込みます。

 

 

大人も、というより大人が楽しめる着せ替え人形がブームになったことで、さらに情熱に火が着いた感じでしょうか。
次々と発売されるお人形は決して安くなく、抽選で当たらなければ入手できないこともあります。

 

 

 

 

無事に購入できると、今度は洋服や帽子、靴下などを手作りです。

 

 

 

パート主婦なので自由にできるお金はさほど多くはありませんが、お給料が出るとお人形予算はしっかり確保しています。
ドールイベントに足を運び、ハンドメイドのための刺激をもらったり、同じ趣味の方と交流したりするのも貴重なひとときです。

 

 

 

 

現在59歳ですから、初めて着せ替え人形を手にした時から半世紀が過ぎました。
洋服だけでなく着物作りにも挑戦してみたい、セーターも編んでみたいなど、夢はどんどん広がるばかりです。

 

 


ホーム RSS購読